ママがお金の勉強はじめたら。お金と時間のアドバイザー

カテゴリー

引越し!荷造りの手順。ポイントは詰めない。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
さかいちづる
2018年に15年務めた金融機関を退職し、フリーランスFPに。子供に「おかえり」と言える働き方を実践中です。会社員時代は全国転勤しながら北は北海道、西は大阪へ転勤を繰り返してきたザ・転勤族。夫、7歳と4歳の2人の娘の4人家族。10年で7回引っ越しを繰り返した結果、入居して2日で段ボールを全て空に出来るようになる。 時間とお金と上手く付き合う方法を常に研究しています。『❤好きなときに❤好きな場所で❤好きなこと』を発信していきたいと思っているママ達へ、これまで私自身が実践してきた方法をご紹介しています。
詳しいプロフィールはこちら

引っ越しで何が大変ってダンボールに詰めること!

「ダンボールに詰める量をまず減らす」これが第一歩。

でも絶対にゼロにはならないので、

いかに詰める量を減らし、効率のよい順番に詰めていくかがポイント。

 

では私が詰めていく手順・ポイントをお伝えします♪

 

ダンボールに詰めていく順番

 

 

  1. 家の中の「飾り・思い出もの」
  2. 食器類
  3. 衣類
  4. おもちゃ

 

 

1.家の中の「飾り・思い出もの」

 

 

 

飾りはなくても全然生活に困りません!

迷わずさっさと詰めましょう。

そして思い出のアルバムや子供の書いてくれたお手紙・芸術的な絵・工作の数々。この愛しいものたちは、引っ越しまでバタバタしているときには使いません。

迷わず詰める!むしろ、ダンボールに詰めなくて済むようにきっちり閉まるケースなどに普段から保管しておくことをおススメします♪

 

 

2.食器類

 

 

 

食器って割と多くありませんか??我が家は・・・結構多いんです。私、食器が結構好きで。

割られたら泣いちゃうよ!!っていうお気に入りの北欧食器や、ポーセラーツで自分が作った食器、沖縄旅行で買ったやむちん、子供の名入れ食器・・・

これらは、さっさとしまいます!残すのは茶碗とお椀と洋皿が人数分くらいでなんとかなります。いや、なんとかしましょう!

 

 

3.衣類

 

 

 

衣類は我が家、基本的にダンボールには一切入れません。

衣装ケースごと引っ越し屋さんに持って行ってもらうか、引っ越し屋さんのハンガーラックにかけて持って行ってもらうか。

クローゼットからハンガーラックへ。そして新居では、ハンガーラックからクローゼットへ。

子供の衣類はすべて衣装ケースへ。

 

4.おもちゃ

 

これがやっかいですね(*’▽’)

さっさとしまうと

子供たちに「まだ使うのに!!!」と結局出された~~( ゚Д゚)なんてことも・・・

よって、おもちゃは、、、こっそりと不要なものを捨てる!まずここからです(笑)

そして使わないものを子供たちに選んで自分でダンボールにしまってもらいます。

もちろん捨てていいものあるかどうかここで確認しますが、

捨てていいものはほとんどないようです( ;∀;)

 

 

荷造りの注意!これは詰めてはいけない!残すもの。

 

と、ここまではダンボールに詰めるものたちですが、逆に最後まで詰めてはならないものもあります。

貴重品は別として、最後まで詰めてはならないのは、

掃除機!雑巾!ゴミ袋!これは、残しましょう。

 

あとテレビやエアコンのリモコン。

新居に到着してすぐに設定できるようにしておきましょうね。

 

 

引っ越し屋さんが荷物をトラックに乗せてくれているときに私は掃除機と雑巾片手に部屋中を掃除しまくります。

一度、失敗したことが・・・ダイソンのハンディクリーナーだけを残して、メインの掃除機は既に詰めてしまったのです。

途中でダイソン、、充電切れ( ゚Д゚)これは失敗でした。充電が長くもつものか、コードがある掃除機をおすすめします。

雑巾で隅々まできれいに拭いたら最後はゴミ袋にインしてポイ!です。

引っ越し屋さんが荷出ししている最中に部屋を綺麗にしておくと、鍵の引き渡し・部屋の退去手続きをスムーズにすることができます。

参考にしてみてください♪

では(^^♪

この記事を書いている人 - WRITER -
さかいちづる
2018年に15年務めた金融機関を退職し、フリーランスFPに。子供に「おかえり」と言える働き方を実践中です。会社員時代は全国転勤しながら北は北海道、西は大阪へ転勤を繰り返してきたザ・転勤族。夫、7歳と4歳の2人の娘の4人家族。10年で7回引っ越しを繰り返した結果、入居して2日で段ボールを全て空に出来るようになる。 時間とお金と上手く付き合う方法を常に研究しています。『❤好きなときに❤好きな場所で❤好きなこと』を発信していきたいと思っているママ達へ、これまで私自身が実践してきた方法をご紹介しています。
詳しいプロフィールはこちら


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です